なとりうむのメモ帳

アナログな趣味が多めのしがないIT系エンジニア。技術のこと、好きなこと色々書きます。

日本は認められることなさそうだけれど…

ぼんやりネットサーフィンしていたらこんな記事を見つけました。
安楽死させてくれる棺らしいですよ。

www.itmedia.co.jp

みなさんは"安楽死"についてどう考えていらっしゃいますか?
私は大賛成派です。私自身が、確実に死ぬタイミングを自分で選びたいです。
別にこれは精神的に病んでいるからとかそういうのではなく、物心ついたときから死ぬ時期は自分で選びたいし、早く終わらせたいと考えていました。
もちろん生活は楽しいこともたくさんあります。それでもベースとして死にたいです。自殺願望ではなく希死念慮ですね。
"死にたい"と思うのは正常ではないという意見もあるそうですが、個人的にはパーソナリティーとして希死念慮があるというだけだと思っています。

老後と言われる時期まで生きて、より迷惑をかける存在にになってまで生きるのが嫌なんです。
この世は現役世代、そして未来を支える若い子たちのためであるべきだと思っています。
もちろん、生きたい人が等しく平等に生きることができることは大切だと思います。
それと同様に死にたい人も死ぬことを選択できてよいと思います。
死ぬ時期を選択できれば身辺整理をしっかりできますから、後の負担も楽になりますよね。*1
記事の通りそのまま棺になるなら運ぶだけですね。
日本の場合は燃やしても問題ない素材にする必要がありますが…。

安楽死を認めるのが難しいのは、その希望が精神的な病のせいで引き起こされていないかとか、
実は死にたいのではなくて、例えば労働環境の問題やDVなどそういう別に解決すべきことが原因でないのかとかの線引が難しそうですね。
一応、記事に書かれていたのは事前にテスト?みたいなことをしてそれに通らないといけないみたいですね。
気軽かつ確実な診断方法があるとぐっと現実的になるのかもしれませんね。

*1:もちろん、歳を重ねたら事前にしておけばいいだけでもありますが、完全に片付けることができますよね。安楽死する場所を提供されていれば、不動産まで処理できます。