なとりうむのメモ帳

アナログな趣味が多めのしがないIT系エンジニア。技術のこと、好きなこと色々書きます。

気分がのらないとき何をしますか?

仕事で嫌なことがあったとかブログのネタが出ない、ちょっと体調が悪い、そもそも労働したくないとか…。
日常の7~8割をもやもやした気分で過ごしている私です。

もやっとしたダウナー気味の私でも特に辛いタイミングがありますね。
とにかくどうにもならなくて、何を手につけるのも辛いっていうやつです。
そういうときにみなさん何していますか?

まさしくさっきまで(ここまで書いて放置していました)そういう感じだったのですが、色々やっていたら少し気分が戻ってきました。
やっぱり嫌な事ことをぐるぐる考えてしまってるんですよね…。
でも、意識的に考えないようにしてもそれって結局考えていることになっているんですよね…。

ってことで思考をふっ飛ばしてくれたのが、ちぃたん☆でした…

twitter.com

理屈ではない勢いに脳みそ空っぽになりました…ありがとう…。
その後
DbDの生放送やら、実況動画を見て元気を取り戻しました。
やっぱり思考を切り替えないとだめですね。
ぐじぐじ考えてもどうにもならないことも多いですし…。

みなさんは気分を切り替えたいとき何をしていますか?
よい気分転換の方法があれば教えてください。

りんな賢くなるってさ

かなり前に話題になっていた"りんな"が賢くなるらしいですよ。

www.itmedia.co.jp

以前りんなと会話したのですが、はっきり言って全く会話になりませんでした(つまり既存のおもちゃとほぼ変わりないと感じました。)。
そして、以降一度も触っていません。
あれって結局何が起因で盛り上がっていたんですか?それともそもそも盛り上がっていなかったんですか?

記事を見る限り今回は少し会話ができるようになっていくようですね。
モデルを順次採用すると書いてありますから、まめにアップデートがかかるようですね。
感じ取れる程の変化が出るかは不明ですが、長くりんなと会話している人だと気付けるかもしれませんね。
私もまた久々にりんなに声をかけてみます。

働き方改革って大抵続かないよね

最近よく話題にあがりますよね”ワーク・ライフ・バランス”とか”働き方改革”とか。
職場で取り組めー!って言われている人も多いのではないでしょうか。
まあ、そのうちのひとりでございます。

こんな記事がありました。

logmi.jp

"礼儀正しく時間を奪う"キャッチーな言葉ですね。でもそれは正しいと思います。
よく見かける光景ですよね…。自分が巻き込まれることも多々あります。
細かい方法については今回の話題ではないので一旦置いておくとして。
実際の体験や様々な人から聞いたり読んだりした情報などを書き残しておこうかと思います。

大抵、職場で"働き方改革"をやれって言われても続かないんですよね。
それは組織的にも、個人的にもいまいち目標とか動機とかが明確になっていないことが多いからではないでしょうか。

紹介した記事ではこのように書かれています。

しかし、残業代は減っていないんです。5パーセントしか減っていません。ですが、ワークライフバランスは跳ね上がっているんです。

結果を示した画像も貼られていますので、元記事をどうぞ。
もしこれが「残業代を10%削減する」が目標であれば未達となってしまいますが、違うポイントを主軸に置いていたということです。
結局その職場で何をしたいんですか?という話になると思うんですよ。

  • 長時間残業が問題。残業時間を何%(何時間)下げる。
  • 結婚や子供が産まれるといったライフステージの変化などで人が辞めてしまう
    家庭環境の変化での離職率を何%下げる。
  • 特定の人に業務が偏っていてその人のみ長時間残業になっている。その人が倒れたら業務が成り立たなくなる。
    特定の人物の総作業量を何%下げるなど。

ぱっと思いつくのを適当に並べてみました。
何を一番にするかによって、やることが変わるはずなんですよね。
残業時間を減らしたと言うなら仕事を減らすしかありません。何をやめるかを決めて場合によってはお客さんにお断りする必要があるでしょう。もちろん自動化もひとつの案ですね。
家庭環境の変化で辞める人を減らしたいのなら、リモートワークや業務時間を自由に調整できたり、自宅でも安全に業務の情報にアクセスできるITインフラの整備や、場合によっては会社の規定を整備する必要があるかもしれません。この場合は残業時間が直接的な原因とは限りませんね。残業は少ないけど融通が利かなくて困っているだけかもしれません。
何を一番大切にして、それを達成するためならば他の要素は後回しする。
というくらいのひとつの目標が必要だと思います。
全て上手くいくようにしろって言ったって1日24時間しかないですからね…。
そもそもそれができるなら端から現在のよくない状況にはなっていないわけですからね。

また、初年度は上層部の勢いもあってなんとか乗り切れることも多いのですが、2年目以降になるとなんとなく"なあなあ"になることが多いと思います。
それは「結局何も改善されなかった」「成果をあげても評価されない」「ゴールが薄れてる」「ロードマップが明確でない」「やらされ感」「切羽詰まってない」辺りの理由が多いかと思います。
本気で自分に必要だと思ったりプラスになると思うなら勝手にやりますからね。

押し付けられた"働き方改革"ははっきり言って害しか生みません。
トップダウンできてしまった場合は、きちんと背景やなぜそれをやりたくて何のためにやるのか、何がゴールかの説明を求めてください。
上辺の話ではなく、実態を語ってもらうように求めてください。
明確に示さない奴の言うことに従う必要はないと思います。
「お前らが考えろ」と言われるパターンもありますが、それは上層部(幹部社員)とかの意識が低い(切実さがない)ことが多いのでうまくいきません。
なぜなら、全く協力の姿勢を示さないどころか邪魔になることをするからです。
設備には予算が必要ですし、場合によっては仕事を断ったり、会社の規定を変えなくてはいけないからです。
また、先にあげた「成果をあげているのに評価されない(むしろ残業時間減って残業代が減って給料安くなるとかそういうの)」に繋がります。
そういう職場は離れるかまともな上にすげ替えてもらった方がいいでしょう。

気が向いたり、要望があれば具体的な取り組みについても別途書こうと思います。

超いまさらですがGitHubでアカウント作りました

おもーい腰をあげてやっとGitHubでアカウント作りました。
すぐにバリバリ使うわけではありませんが、読んだり書いたりしようと思います。

まずはちょっとしたバッチファイルをGistで上げてみるところからやってみましょうか。
はてなブログはGistを記事内に貼り付けれますからね。
操作に慣れるためにも丁度よさそうです。

コードは仕事でしか書かないので下手だったり知識不足な上に、最近はコードを書く仕事をあまりしておらず、あらゆることが忘却の彼方なので勉強しようと思います。
普段使わない言語にチャレンジしたり、普段仕事ではやらないようなジャンルのコーディングができたらいいなあと。
開発環境は今のマシンで作りかけだったりするのですが、近々買い替えるのでそこで構築します。

f:id:na11_nato:20180521205244j:plain

今までは「面倒くさい」とアカウントを作ることすらしていなったんですよ。
…やっぱりやらないと何も変わりませんからね。
この業界を愛していてこの仕事をしているわけではないですが、好ましいとは思っているので。
もう少し仲良くなる努力をしてもいいかな、と思い立った次第です。

Windows Defenderは結局どうなのか?

最近パソコンの買い替えを検討しています。
今使っているパソコンは今のところ調子がいいのですが、結構昔に購入したためHDDの平均寿命はとっくに超えていることや、OSがWindows7だったり、やりたいゲームがあるのにスペックが足りてないなどの状況から丸ごと買い替えてしまったほうがよさそうだ。
と判断しました。
と、なると次のOSは当然Windows10になるわけです。
PCを買い替えるついでにアンチウィルスソフトやらセキュリティ系のソフトも乗り換えようと思っているのですが、
無料かつ最初から入っている"Windows Defender"が少し気になったんですよね。
確かWindows 10である程度強化されているはずなんですよ。

"Windows Defender"は何者?という方向けに説明すると、Microsoftが提供するセキュリティ対策関連のブランド名です。
要はアンチウィルスやファイアウォールなど個々のソフトを束ねた名称です。
Widnwos規定で入っているものですので、無料で利用できます。
このシリーズのアンチウィルスソフトがどうなのかが気になったんですよね。

そもそも、アンチウィルスソフトは各社得意不得意があるので、正直パーフェクトなものは存在しません。
ただ、実用に耐えられそうならソフトを購入する必要はありませんし、一応Microsoft製ではあるので相性問題とかはある程度乗り越えているだろうと思いまして少し調べました。

結果、過去の情報から追ってみますとかなり改善していはいるようです。
ただ、安心して使うことができるレベルかと言われると微妙ですね。
それなりに成績を出している部分もあるのですが、ムラがあるようです。
なので平均的に安定しているのを求める場合はまだ有料ソフトをうまく選んだ方がよさそうです。
どれを取るかは各利用者が何を重視するかによって変わりますし、パソコンのスペックや予算との相談もあるでしょう。

一応この辺の第三者調査機関のレポートを見たりしました。(他にもあるのですが、途中で面倒になってまとめページを見たりしているので元ページにまで行っていなかったりします…)

AV-TEST | Antivirus & Security Software & AntiMalware Reviews

Virus Bulletin :: Home

AV-Comparatives Independent Tests of Anti-Virus Software - AV-Comparatives

そもそもこの第三者機関のチェックも全製品が参加しているわけではなかったり、
各機関のテスト方法が本当に実態の利用レベルに合っているかと言われると疑問はありますし、そのことについてはかなり昔から各種方面から指摘されていることではあります。
なぜなら、既知のものは怖くないからです。
未知のものを被害が出る前に検出し既知にすることこそが求められているからです。
そうなると現在の検出方法そのものの問題になりますので、ここでの話とは少し変わりますね。

"Windows Defender"の最大のポイントというのは、今まではOS単体では完全なノーガードで裸の状態でしたが、服を最初から着せてもらえるようになったということではないでしょうか。
本当に無知な人が利用しても多少は守られる。
パソコンが当たり前に利用されるこのご時世で全てを自己責任で片付けることにはいかなくなったということでしょうね。

”ゾンビ屋れい子”のご紹介

好きな作品を紹介していくシリーズです。本日は"ゾンビ屋れい子"です。

ちなみに前回の記事はこちら

na11-nato.hatenablog.com

 ん…?私可愛かったり美人な女の子が暴れる作品好きすぎでは?問題。

と、いうことでタイトル通り"ゾンビ屋れい子"です。
三家本礼さんの作品で、1998年~2004年まで連載されいていた作品です。
"ホラーM"で連載されていた作品ですよ!

ゾンビ屋れい子: 1 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ 103)

ゾンビ屋れい子: 1 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ 103)

 

現在では元々のぶんか社の単行本は中古でしか手に入らないと思われます。
私は新品を見たことがないですね…。
文庫本版も新品は見かけません。
ずっと新品の単行本を探していたのですが諦めて電子書籍で購入しました。

ゾンビ屋れい子: 6 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)

ゾンビ屋れい子: 6 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)

 

肝心の内容ですが、"姫園れい子"という女の子が主人公です。
タイトルのままゾンビを召喚したり作ったりする女の子です。
れい子以外にもゾンビを召喚できるキャラクターがたくさんいます。

この作品はでかなり内容と絵が変化しています。
最初は1話完結型なのですが、途中からスプラッター系のバトルアクション漫画になります。
ゾンビが出てくる内容ですからやりたい放題です。キャラによって召喚するゾンビが異なるので異能力バトルに近いですね。
ドンパチやるのをワハハと楽しんでいました。

ゾンビ屋れい子: 7 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)

ゾンビ屋れい子: 7 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)

 

単行本だと全11巻です。
ずっと同じひとつのお話というよりは複数の章に割れています。

後半になるほど絵が好みなものになっていくんですよね~。
女性キャラの胸やお尻がかなり強調されている絵柄なんです。
私、そういう絵がかなり好きなんです。
しかも目が素敵なんですよ!以前にも似たようなことを書いていたかもしれませんが、強くて表情豊かな目が好きなんですよ
元々絵における目を気にするんですが、ドールみたいな生気のない目も好きですし、整った目も好きです。絵柄や作品の内容に合ったタイプの目なら大抵気に入ります。

ゾンビ屋れい子: 11 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)

ゾンビ屋れい子: 11 (ぶんか社コミックス ホラーMシリーズ)

 

どのキャラが好き?という質問はありがちですね。
私は人間キャラなら主要メンバの女の子はみんな違った良さがあって好きです!
ゾンビちゃんならやっぱりあの姉妹が好きです(ネタバレ防止のため名前は伏せます)。

かなりコミカルな場面も多い作品ですので、ボケもツッコミもできるキャラが多いのが特徴かもしれませんね。もちろん完全なボケキャラもいますが。
バトル漫画になるので登場人物の数はかなり多いですけどね。
やられ役はやられ役らしいところとか、それぞれのキャラの役割分担がいいんだなあと。

一応ホラー漫画雑誌に連載されていたもので、比較的耐性がある方が読むことを前提とされています。
出血量やら断面やらなんやらはやや多めですから苦手な方は控えることをおすすめします。

 

ボードゲームカスタマイズ放送予定

ボードゲームのカスタマイズ放送をYou Tubeにてたまにやっています。
また続きをやろうと思いますので、日程のお知らせです。

6/1(金) 21:00頃予定

グラギャモン*1のカスタマイズの続きを行います。

以前ご紹介した追加購入材料を利用します。

na11-nato.hatenablog.com

 

6/2(土) 昼の部:13:00頃~18:00頃 夜の部:22:00頃~終了時間未定

昼の部:クトゥルフ・ウォーズの塗装
夜の部:エルダーサインのモンスター袋作成
夜の部は初回の内容となりますので準備作業から開始します。

どの時間帯も日程変更や時間変更、中止の可能性があります。
その際はTwitterで告知いたしますのでチェックをお願いします。

twitter.com

放送はこちらのチャンネルで行います。

www.youtube.com

Chromeをご利用の方は必要な設定をしていれば、チャンネル登録をしておくだけで放送開始がデスクトップ上に通知されます。
Chromeでない方も各種アドオンや、You Tubeページ内にて表示されますので見逃したくない方はぜひ登録をお願いします。

過去の放送はアーカイブとして残っていますので、それまでを確認したい方はぜひご視聴ください。
You Tubeの機能を利用した無編集状態ですので長時間になります。気長に見て頂けると幸いです。

*1:ハッピーゲームズさんの作品